糖化による年齢肌とは|改善効果と予防する対策

エイジングケア
スポンサーリンク

しっかりお手入れしているのにくすみやハリがない…。そんな肌悩みはありませんか?

 

もしかしたらそれ、「肌の糖化」が原因かもしれません。

 

酸化が肌の老化を招くのは有名ですが、今、肌の糖化にも注目があつまっています。

 

そこで今回、肌の糖化について詳しくリサーチしてみました。肌の糖化とはなんのか?改善予防策についても記述しますので、ぜひチェックしてみてください。

 

スポンサーリンク

糖化は肌にどんな影響があるの?

まず糖化とはなんなのか、それは体内で余った糖質がタンパク質と結びつくことで生まれる老化物質(糖化最終生成物)が、細胞などを劣化させる現象です。

 

毎日摂る食事、おやつに食べる甘いお菓子やケーキなどがそのまま糖化につながり、若々しさが徐々に失われていきます。

 

くすみやたるみの原因になる「糖化」

肌にハリや弾力を与えるコラーゲンは透明なのですが、糖化することにより黄色っぽく変化します。この変化が肌の中で起こるため、くすみやたるみを引き起こしてしまうのです。

 

酸化は身体のサビと呼ばれるのに対し、糖化は身体のコゲ。ケーキを焼くとき、美味しそうなきつね色になりませんか?

 

あれは小麦粉や砂糖、卵に含まれる糖質とタンパク質が糖化してできるもの。これと同じ現象が肌で起こっているということです。

 

糖化を改善し、予防するには?

糖質はお菓子などの甘いものはもちろん、パンやパスタ、ご飯などの主食にもたくさん含まれています。

 

なのであまり摂りすぎないようにしましょうと言いたいところですが、糖質は身体に必要なエネルギーとなるので、主食を全く摂らないというのも身体によくありません。

 

お菓子などを全く食べないというのもストレスが溜まってしまいますよね。

 

そこでおすすめしたい糖化の予防対策として、以下のようなものがあります。

 

食べる順番に気を付ける

日常生活で一番簡単にできる糖化予防として、主食を摂るまえに食物繊維が豊富な野菜、キノコ類を食べることです。

 

こうすることで血糖値の上昇を抑えることができ、糖化を防ぐことができます。

 

また食べ過ぎも糖化を進行させてしまう原因。腹八分目を心がけるだけでも糖化予防につながります。

 

食後に軽い運動をする

食べ過ぎを控えたり食べる順番に気を付けるだけでなく、食後に軽く身体を動かすだけでも血糖値の上昇を抑えることができます。

 

食器を洗ったり掃除をしたり、そんな小さなことでもOKです。

 

このように食べ方や食後の過ごし方で糖化を予防し、若々しさを保つことができます。

 

年齢のわりに肌が若々しく、透明感がある人っていますよね。

 

糖化による年齢肌を防ぐためには、糖化予防を日頃から積み重ねることが大切です。