毎日20分の半身浴でデトックス効果をあげる!体が変わる入り方のポイント

エイジングケア
スポンサーリンク

一日の疲れを癒してくれるお風呂の時間。熱い湯船も気持ちが良いけれど、ぬるめのお湯にじっくりつかる半身浴はいかがですか?

 

たっぷり汗をかく半身浴は、ただ疲れを取るだけじゃなく健康と美容の両方を得られるおススメの入浴法です。

 

スポンサーリンク

半身浴をするメリットとは?

女性にとって嬉しいメリットだらけの半身浴。半身浴をすることで得られるメリットには、以下のようなものが挙げられます。

 

・デトックス効果

・冷え性の緩和

・血行促進

・美肌効果

 

身体の中の老廃物を排出させるデトックスにはやはり汗をかくことがポイントです。

 

身体の芯から温まることでじんわり汗をかき、老廃物や毛穴の汚れを落とすことができます。また、足や腰などの下半身に巡りが集中するのでむくみや血行促進、冷えの緩和にもつながります。

 

効果が出やすい半身浴法

全身浴の温度は41℃前後が基本ですが、半身浴の場合は38℃~40℃が適温です。湯量はおへそからこぶし一個分上が目安。上半身が寒いときは肩にタオルをかけると寒さが和らぎます。

 

そして入浴時間ですが、温かい血液が体内を巡り、しっかり温まるのが20分~30分といわれています。そのため最低20分は浸かってください。

 

また、半身浴は汗をかくのでこまめな水分補給をすることが大切。一番いいのは身体に負担の少ない常温のお水です。お茶は利用作用があり、スポーツドリンクは糖分が多いのでダイエットには不向きです。

 

使用すると効果があるバスアイテム

20分と聞くと短いと思いますが、浴槽でじっとしていると意外に長く感じるものです。半身浴をより快適にし、効果をアップさせるバスアイテムをご紹介します。

 

バスタブラック

雑誌や防水のTV、水分補給用の水などを置けるラックです。TVや雑誌を見るなど、好きなことをすることで半身浴がより楽しくなります。

 

バスピロー

半身浴中は体勢が上手く作れなくてなんだか疲れる…そんな方におすすめなのがバスピローです。浴槽の縁に取り付けて枕として使えば頭を支えてくれ、ゆっくり半身浴することができます。

 

入浴剤、バスソルト

いい匂いをかぐことでよりリラックス効果を得ることができます。乾燥肌対策や美肌作用のあるバスソルトもおすすめです。

 

長く入ればいいわけではありません!やりすぎの注意点

これほど健康と美容によい半身浴ですがやはりやりすぎは×。長くつかりすぎると身体に様々な影響を及ぼします。

 

乾燥肌(30分以上の入浴)

肌の潤い成分がお湯の中に溶けだし、肌乾燥を引き起こしてしまいます。

 

湯あたり

湯あたりとはのぼせやほてりのことです。温度の低い半身浴でも、水分を摂らなかったり長い時間浸かることで頭痛などの体調不良をおこすことがあります。

 

入浴による体力の消費でかえって疲れてしまうこともあるので、快適だと感じる範囲で半身浴を楽しんでください。

 

疲れていると、どうしてもシャワーで済ませたくなりますよね。でもちょっとの手間で健康や美容を手に入れられると考えるとモチベーションもあがるのではないでしょうか?

 

毎日20分の半身浴、ぜひ今日からはじめてみてください。