【梅湯】白湯に梅干しを入れると健康と美容効果が倍増する方法

エイジングケア
スポンサーリンク

クエン酸などを含み疲労回復効果のある梅干し。毎日一粒食べるのがおすすめです。

 

そんな栄養価の高い梅干しの食べ方として推奨したいのが「梅湯」というもの。白湯の中に梅干しを入れ、温まった梅干しと白湯を飲むことで美容や健康効果が高まると言われています。

 

今回はそんな梅湯について具体的にどのような効果があるのか?効果をより高めるにはどうすればいいのかを調べてみました。

 

スポンサーリンク

梅干し×白湯は万能健康食

梅湯はお湯に梅干しを入れただけのとてもシンプルな飲み物です。しかしこれが健康維持や美容面で大きな力を発揮してくれます。

 

白湯で代謝アップでダイエット効果

梅にはクエン酸という成分が含まれているのですが、このクエン酸は血液をサラサラにする効果があります。血流がアップすることで代謝があがり、脂肪燃焼をしっかりアシスト。さらに白湯の温作用によってその効果は倍増します。

 

白湯のデトックス効果

老廃物や毒素を排泄するデトックス。梅干しには腸内環境を整える作用があります。そして白湯にも整腸作用があり、一緒に摂ることで効率的にデトックスが可能に。白湯を飲むというのは多くの女優さんやモデルもやっているデトックス法なので、ご存じの方もいらっしゃるかと思います。

 

梅と白湯の相乗効果で冷えの緩和

女性の悩みで特に多いのが慢性的な冷え性です。冷え性は血行不良が原因の一つとされています。梅に含まれるムメフラールという血行促進成分が血流を良くてくれるほか、白湯を飲むことで身体がじんわり温まり冷え性を緩和してくれます。

 

白髪や抜け毛、若返りにも期待大

白髪や抜け毛が気になってきた、という方にも梅湯はおすすめ。梅に含まれる梅リグナンというポリフェノールには、細胞の酸化を防ぐ作用があり、アンチエイジングや若返り効果が期待できます。

 

梅湯を作るなら焼き梅の方が効果的!

梅干しをそのまま使用しても良いのですが、出来れば梅を少し焼くことで糖とクエン酸が結合し、ムメフラールの効果が倍増します。

 

味もまろやかになり食べやすくなるので、梅湯を作るときはぜひ焼き梅を使ってみてください。

梅湯には様々な健康、美容効果があることがわかりました。酸っぱいから梅干しは苦手という方でも、白湯と合わせることで酸味が軽減され、美味しく摂取することができます。

 

梅は和のスーパーフードと呼ばれていますが梅湯はまさにスーパー美容ドリンクと言えますね。

 

白湯に梅を入れるだけなのでレシピもなく、簡単に作ることができる梅湯。ぜひ毎日の健康習慣として摂りいれてみてください。