小顔だけじゃないベロ回しの効果|たるみ・活舌・血行・美容に発揮

エイジングケア
スポンサーリンク

口の中にある舌をぐるぐる回すだけで小顔になれる?!これ、ホントです。

 

美容にこだわる女性たちが実践するベロ回し運動には、たるみ・滑舌・血行促進等、たくさんの美容効果があることが知られています。ベロ回し運動の効果、方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

ベロ回しの効果は絶大

いつもは口の中にあり、ものを食べる時、話す時以外にはあまり活躍しない舌ですが、実は、運動させることで様々な美容効果が得られます。気になる効果・方法を詳しく説明します。

 

ベロ回しで小顔になれる

小顔にしたい時は、舌を前に出して唇の内側をなぞり、円を描くようにぐるぐると回します。

 

右回りを10~20回、左回りを10~20回。円を描く際、唇じゃなく歯ぐきをなぞっても問題ありませんが、舌先が歯ぐきに何度も触れることで舌先がダメージを受ける場合がありますので、唇の内側をなぞることをおすすめします。

 

唇の荒れが気になる方は保湿リップを塗ってから行いましょう。

 

ベロ回しでたるみとほうれい線を予防

たるみ、口もとのほうれい線は老けてみえるため、毎日のケアがおすすめです。たるみ、ほうれい線予防におすすめのベロ回しは、口を閉じて行います。

 

口を閉じたまま、舌を唇の内側をぐるぐる回します。右回りを10~20回、左回りを10~20回。5回回した後、口角から1センチほど横をぐっと押すことを忘れずに。毎日行うことで、たるみ、ほうれい線が予防できます。

 

ベロ回し+二重あごを克服

たぷたぷした二重あごを何とかしたい方は、ほうれい線のベロ回しに上あごの歯ぐきを押す運動をプラスしましょう。

 

上あごの歯ぐきを押す時間は10~20秒間。上あごを押すことであごに力が入り、二重あごを克服することができます。

 

血行促進で代謝アップ

顔のまわりには身体全身のリンパ節が集中しており、ベロ回しを行うことによってリンパの流れが促進され、血液中に流れる老廃物を排出します。

 

肌の代謝がアップすることにより、たるみ、くずみ、しわ、シミ等の肌トラブルを解消することができます。

滑舌に効果あり

ベロ回し運動は、滑舌を改善したい方にもおすすめの運動です。滑舌を改善するには、ただ舌をぐるぐると回すだけでなく、発声しながら舌を動かします。

 

口を閉じて唇の内側をぐるぐるとなぞったら、息をゆっくりと吸い込み、お腹に力を入れましょう。

 

口を開けて舌を前へ出しながら、少し低めに「えー」と息が続く限り発声します。低めの次は普通のトーンで、最後は高めにで1セットです。このセットを3回行いましょう。

効果的なベロ回し運動で美人度アップ

ベロ回し運動はただやれば良いわけではありません。効果があるのは、朝起きてすぐと夜寝る前の1日2回。目的を決めて行うことをおすすめします。