温活はやり方次第で効果が抜群に!女性に嬉しいメリットとは

エイジングケア
スポンサーリンク

今や、女性だけでなく、お子さま、男性にも取り入れられている温活ですが、その方法は様々。食べる・着る・運動する等、お好みの方法を積極的に取り入れる方も少なくありません。

 

ここでは、食べる・着る・運動するの3つの項目に分けて、手軽に取り入れられる温活を紹介します。

 

スポンサーリンク

食べる温活とは

漢方では、食べ物には身体を温める陽性と身体を冷やす陰性があるとされています。

 

温活にはもちろん陽性の食べ物がおすすめです。陽性の食べ物には、ごぼうほか、生姜、レンコン、玄米、人参、黒豆、味噌や漬け物の発酵食品、そば、黒砂糖、鮭等赤身の魚があります。

 

外食でメニューを迷った時は、これらの食品が使われているものを選びましょう。

 

自宅で手軽にできるおしゃれカクテル

クエン酸たっぷりの梅酒に、ホットミルクを加えましょう。割合はお好みで。

 

ミルクに含まれるカルシウムとビタミンも一緒に摂ることができる上、梅酒とホットミルクで身体もぽかぽか。ぐっすり眠れない寒い夜におすすめの飲み物です。

 

着る温活

わたし達のお腹には、生きていくために重要な働きをする臓器がたくさんあります。

 

着る温活の基本は身体を冷やさないこと。特にお腹を温めたい方には、腹巻きがおすすめです。

お腹を温めると臓器の働きが活発になり、体感温度が1℃上がります。

 

体感温度が1℃上がると、身体全身に温かい血液をおくることができ、身体全身ぽかぽか。肩こり・冷え性・便秘に悩む方は、ぜひ腹巻きでお腹を温めてみてください。

 

運動する温活

運動する温活は、テレビを見ながら、読書しながらのながらでOK。ちょっとしたすき間時間にできる温活を紹介します。

 

グーパー運動

椅子・ソファに座り、足の指でグーとパーを繰り返すだけの運動です。両足の指をぎゅーっと曲げて、親指から小指にかけて開きます。これを数回から10回ほど繰り返すだけです。

 

バレリーナスクワット

バレリーナスクワットは肩甲骨をほぐし、下半身の血行を促進する効果があります。

 

気になる下半身の脂肪を燃焼させる効果もあるので、ダイエットしたい方におすすめ。

 

バレリーナスクワットは、両膝を大きく開いて両手で腰骨を押さえ、まっすぐ上へお尻を浮かせて10秒キープした後、ゆっくりと座ります。これを5回が基本です。

温活でダイエット成功も夢じゃない

わたし達現代人はストレスや運動不足によって、身体が冷えやすくなっています。

 

冷えは、身体の機能・免疫力を低下させ、痩せにくい身体をつくります。手軽に取り入れられる温活で、代謝の良い体温をキープし、痩せやすい身体をめざしましょう。