黒豆茶ダイエットの効果的な飲み方|飲みすぎや注意点

エイジングケア
スポンサーリンク

ダイエットに良いと言われるお茶は色々ありますが、その中の一つ「黒豆茶」も人気があります。

 

黒豆は主に兵庫県や京都府で栽培されており、丹波地方の黒豆は有名です。

では、黒豆茶にはどのような効果が期待出来るのか、飲み方や注意点と共にご紹介します。

スポンサーリンク

黒豆茶に含まれる栄養素

黒豆に含まれているのは以下のような成分です。

  • タンパク質
  • 食物繊維
  • レシチン
  • ポリフェノール
  • ビタミンE
  • ビタミンB群
  • オリゴ糖
  • サポニン
  • ナトリウム
  • カリウム

 

ポリフェノールと言えばば果物の皮に含まれるイメージですが、リンゴやブドウと比較すると黒豆には数倍の量が含まれています。

レシチンはレバーや卵に含まれますが、豆にも沢山の量が含まれているんです。

黒豆茶ダイエットに効く成分

上記の栄養素の中で、ダイエット効果が高い成分はサポニンです。

人間の体は、必要以上に糖分を摂取すると、消化しきれなかったものは脂肪へ変換され、太る原因になります。

サポニンは糖分を脂肪に変換するのを防ぐ効果や、脂肪の代謝を促進する作用があるのでダイエットに最適と言われているのです。

黒豆茶の効果的な飲み方

黒豆茶の効果を引き出すには、飲むタイミングが大切です。

血糖値の上昇を抑える役割もありますから、毎食前に飲むと良いでしょう。

1日に飲む量の目安としては2~3杯程度です。

そして、毎日続けることで効果が表れますから、ダイエットの効果を得るなら、長期間続ける必要があります。

普通に飲むだけでは飽きることもありますから、温かい黒豆茶の中にスプーン1杯のココアを加えて飲むのもオススメです。

相性が良い組み合わせなので、ぜひ試してみましょう。

黒豆茶を飲む際の注意点

健康効果の高い黒豆茶ですが、飲み過ぎは体に悪い影響を与えることがあります。

黒豆茶には食物繊維が沢山含まれていますから、摂取し過ぎると便秘になったり、お腹がゆるくなることがあるんです。

 

イソフラボンの摂り過ぎは、ホルモンバランスを崩す原因になり、男性の場合には性機能障害を引き起こしたり、女性の場合には生理不順や生理痛が悪化することがあります。

 

このようなデメリットがあるので、飲み過ぎには注意しましょう。

 

また、黒豆は大豆の仲間であり、大豆アレルギーを持っている方は危険ですから飲んではいけません。

黒豆茶はノンカフェインですから、妊婦の方も飲んで良いのですが、量は控えめにしましょう。

子供や年配の方も控えめの量なら問題ありません。